人と酒と町を結ぶお酒を。想いをこめて醸しています。

(2017年7月の記録です)

茨城県結城市にある「結城酒造」へ。

7月下旬のある日。

茨城県結城市にある酒蔵、結城酒造を訪れました。
昨年12月に、ほんの少しだけ、お手伝いをさせて頂いた時以来、2度めの訪問。
(その時の様子は→ コチラ

城下町・結城で江戸時代に創業。
現在仕込みに使用している酒蔵は、江戸末期の安政時代に建てられました。

明治期に増設されたレンガ造りの大きな煙突とともに国の有形文化財に登録されています。

この日は、ご夫婦揃って、ご案内下さいました。

設備は最新のものでなく、家族で造っているお酒。でも!!!

笑いを交えながら、蔵をご案内下さる美智子杜氏。
ここで、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの「結(むすび)ゆい」が造られています。

美智子杜氏を支える、ご主人であり社長の昌明氏。

ラベルも、一枚一枚、糊で手貼りしています。

「結(むすび)ゆい 純米大吟醸」は、”平成28酒造年度 全国新酒鑑評会”において金賞を受賞!

また、雄町という酒造好適米を使ったお酒限定のコンペ”雄町サミット”では、前人未踏の快挙を。
なんと、彼女は杜氏に就任した1年目に、雄町を使った純米酒をこの”雄町サミット”に出品し、いきなり優等賞を獲得しました。
純米酒部門では、4年連続の受賞し、さらに、吟醸酒部門でも昨年から連続受賞しているのです。

二人三脚で頑張るご夫婦を撮影♪

8/6に開催した、地酒ノミクラーベ『茨城VS愛知』には美智子杜氏がゲストでお越し下さり、盛況のもと、会を終えることができました。

イベント当日出品お酒はコチラ!

来福酒造様と一緒に、チーム茨城に勝利を導いて下さり、感謝感謝です。

これからも、そのパワーと、センスと、笑顔で、素晴らしいお酒を世に送り出し、ミラクルを連発してください!

ありがとうございました。