人・酒・町を結ぶ。今をトキメク女性杜氏のいるお蔵へ!

(2016年12月の記録です)

茨城県結城市にある、結城酒造にてお手伝い!?

161203yui-1

12月初旬のある日。

とてものどかな、茨城県結城市に初めて訪れました。

有志でお手伝いをされている方からお声かけ頂き、今、各メディアで多数取り上げられている「結(むすびゆい)」の結城酒造さんに、ご一緒させて頂きました。

歴史ある蔵元に嫁いだ、イベントにも引っ張りだこの美智子杜氏のいるお蔵です。

江戸末期の安政に建てられた、歴史あるお蔵は、明治期に増設されたレンガ造りの大きな煙突とともに国の有形文化財に登録されているそうです。

ノスタルジー、かきたてられます

161203yui-2

この日は、造りに入ってひと月ぐらい。
やらなければいけない準備が、たくさんあるようす。

蛇腹式の、お酒を絞る装置(ヤブタとは違うメーカー)の洗浄

161203yui-3

商品に何かあってはならないので、チームを組んでしっかり洗います。

洗い終わった板が、半分ほど組み立てられた状態

161203yui-4

布の消毒も、検査薬のOKがでるまで繰り返します

161203yui-5

本当は必死。
カメラを向けられた瞬間だけの、作り笑顔です。

たった1日、しかも数時間しか滞在していませんでしたが、酒造りの裏側には、こんなにも多くの準備と雑務があるのだなあと。

そして、それらは一つ一つ、怠ってはならない。

全てが「結」のお酒に繋がるのだと思うと・・奥深さを改めて感じるとともに、蔵人さんへの尊敬の念を抱くほかありませんでした。

何の役にも立ちませんでしたが、
温かく迎えて下さったことにただ感謝です。

午前の部が終わったところで、記念撮影♪

161203yui-6

お忙しい中、手伝いどころか、邪魔をしにいったようでしたが、貴重な経験をさせて頂き感謝です。

昌明さん、美智子さん、義明さん、ありがとうございました。
結(むすびゆい)、これからも応援させて(美味しく呑ませて)頂きます!!